森岡医院

沼津市大岡の内科,呼吸器科内科 森岡医院

〒410-0022 静岡県沼津市大岡353番地
TEL 055-962-1084

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

HOME»  ブログ記事一覧»  誕生日プレゼント

誕生日プレゼント

誕生日プレゼント

初診患者さん「先生、イケメンだったよー。マスクしてたけど。」
受付K嬢   「え? 先生の素顔こんなんですヨ? (森岡医院のパンフレットを渡す)」
初診患者さん「ほー。(以降コメントなし)」

今日も森岡医院の受付は平常運転でス ( ; _ ;)
マスク5割増しの法則ですよ!


さて、子供達が7歳になりました。
娘はピカチュウの玩具が欲しいとの事。
ポケットモンスターって、私が大学生の頃に下宿の大家さんの子供さんが遊んでいたはず。
ロングランですネ~。

息子は最近は魚にはまっています。虫博士が魚博士に代わりました。
そんな息子は魚を飼いたいそうです。
生き物をきちんと飼うことは子供の教育に大事と考えている生物系夫婦なのですが、

「水モノはなー・・・。」
昆虫と違って魚を飼うのは大変です。主に飼育環境を一定に保つのが。

家内「どうする?」
「うーん、飼いやすい魚で、かつ水槽やら濾過機やら準備すれば・・・。」

今の世の中は便利で、初心者セットが売っています。
魚もグッピーやメダカなら大丈夫だろうという結論になりました。
さっそくサントムーン(アシスト)に誕生日プレゼントを買いに行きます。
生き物コーナーで初心者マークがある魚から選んで良し、という事にしました。

息子「うーん・・・。」
水槽の前にはりつきます。
息子「これは?」
変な古代魚っぽい海水魚です。
何故あえて可愛くない奴に行くのか。

「淡水魚のみでお願いします」
息子「うーん・・・」
 息子「うーん・・・・・・・」
はっと気づくとかれこれ1時間経過していました。

と、家内が突然。
家内「タガメがいる。」
「え?」
見ると人目に付きにくい棚にウーパールーパーなどと一緒にタガメが売っていました。
動いているタガメを見るのはいつぶりか。
私が幼少の頃に捕まえたくても捕まえられなかった夢の水生昆虫!
俄然テンションが上がってきました↑↑
が、すぐに我に返ります。 これを息子に知られるとマズイ!

家内「タガメだよ~!」
おお、わかったからちょっと落ち着け、息子に気付かれる! と思いながら横をみたら
運悪く既に息子が側にいました。 ヤッチマッタな・・・;;

息子「おーーーjpdragarec(何を言っているかわからない)。」
タガメは息子にとってもヘラクレスオオカブトとはまた別の意味で夢の昆虫でした。
昔は沼津の祭りにも売っていましたが、最近はまったく目にしません。
私もここ30~40年、生きたタガメを見る事自体ありませんでした。
ちなみに静岡県内には野生のタガメはいないはず(このタガメはCB表記、つまりは野生種ではないタガメです)

家内「タガメ珍しいよねー」
「おいおい、煽るなよ」
家内「え~、(息子)は何が欲しいー?」
息子「タガメ」
ほらな、そうなるに決まってるだろ。
見ろよ、さっきよりさらに挙動不審だぞ(真顔でその場をクルクル回っている)

「いや、ダメだろ」
そもそも飼い方を知りません。
家内「えー、いけるでしょ。」
いやお前、いけるいけないじゃなくて値段みてみろよ。メダカ何匹飼えると思ってるのよ。

「餌どうすんだよ、生餌だぞ?」
息子「タガメは死んだ餌も食べるよ!」
「食べないだろ。」
息子「でも、dsaeroiidaku(すごい勢いで適当な言い訳をまくし立て始めた)」


はー、どうすっか。
仕方がないのでインターネットで飼い方を調べます。
便利な世の中になったものだ。
餌はキンギョやメダカだそうです。
ランニングコストものすごく高いナ!

横では息子が半べそかきながら所在なさげにウロウロしています。
買ってもらえないことを理解しながらも、どうしようもない気持ちをどうにもできない。
えぇ、よくわかります(遠い目)。この子は昔からほとんど駄々をこねない子でした。

(まぁ、誕生日プレゼントを買うって約束したしな・・・)
 

何より、この先タガメは一生手に入らない(お目にかかることもないかも知れない)程のレア生物。
個人的な経験から、玩具と違いこの手の出会いを無視すると確実に後に残ります。
欲しい欲しいと言い続けてきたけどそのレアさから絶対無理と本人さえも無理だと理解していた相手。
ある意味運命的な出会いかもしれません。

 家内「一期一会っていうしね」
心の中、読むのやめろヨ・・・。

「よしわかった。買ってよし。」
息子「え?」

買ってもらえると思っていなかったのでしょう。理解が追い付いてこないらしい。
とりあえずご飯を食べて、買い物をすませてからタガメを買いに戻ることにしました。
店員さんに取り置きを頼んでから店をでます。
しばらくしてから

息子「ごはん食べてる間に誰かに買われてしまったらどうしよう・・・」
やっと実感が湧いてきたらしい。
その都度家内が取り置きしたと説明しましたが、二度三度同じやり取りを繰り返す羽目になりました。


そんなわけで今現在森岡家にはオオクワガタ(うち1匹は1令幼虫から育ててつい先日成虫になった。残り二匹は私にオセロで引き分けて息子が手に入れた)とキンギョ(家内がもらってきた)とタガメが居ます。
高くついた誕生日プレゼントですが、まぁいいやと

虫好きの私がニヤニヤしながらタガメを観察しています。 
  
 

2019-10-20 19:07:08